Mechanism+
Electronics=
メカトロニクス

Mechanism+Electronics=
メカトロニクス

メカトロニクスとは、Mechanism+Electronicsを組み合わせた和製英語です。新明工業では、機械組付け・制御調整の双方の技術を兼ね備えた人材の育成を目標に「メカトロマン研修」と命名し開講しています。組付け作業の効率化、社内全体の技術レベル向上に向けた取り組みにつき、研修の企画・運営を推進するお二人に、メカトロマン研修が生まれた背景や、新明工業の技術者の将来像について聞きました。

環境ユニット事業部 営業技術部 主査/渡辺松己

環境ユニット事業部 営業技術部
主査/渡辺松己

トヨタより出向。
トヨタ標準での生産設備の設計・製造を新明工業へ導入。

環境ユニット事業部 営業技術部 副部長/河合康裕

環境ユニット事業部 営業技術部
副部長/河合康裕

メカトロマン研修の事務局を務め、
研修メニュー企画など全体管理を担当。

機械と電気の壁を破るメカトロマン研修

現代の自動車の主流となっているHV、また、今後需要が伸びるであろうEV/FCなどの環境対応車。これらの自動車を製造するための生産設備には電気制御技術が欠かせません。またその比重や、求められる技術レベルは年々高度化しています。その中で、設備の組付けを担当する機械系技術者は今まで、電気制御の調整などは電気系技術者に任せっきりの現状がありました。そのため、設備の組付け作業において効率の悪さが発生していました。また、最新の自動車生産設備に必要な技術の修得は私たちにとって必須課題です。そこで、機械と電気双方の技術者がお互いの専門技術領域を学び、個々の技術者が電気制御系の調整作業も含めた設備造り込み作業を1名の担当者で完結できる「メカトロマン」を生み出すべく、技術の垣根を越えた研修で人材育成に取り組む事にしました。

自動車の進化に呼応できる技術者を目指して

自動車の進化に呼応できる技術者を目指して

従来のコンベアなど、搬送設備における制御技術と比べ、ハイブリッド系など環境対応車を生産する設備は電気制御が大半を占め、勉強を重ねないと理解することすら難しくなっています。今後はさらに、環境対応車の需要が増え、月産2万台〜5万台へと生産台数がどんどん増えていくでしょう。そうしたときに生産設備に求められるのは、自働化だと想定しています。つまり、電気制御の領域がもっと広がっていくのです。その中で我々は、機械設計と電気制御設計の思想が組み合わされた高度な生産設備を生産現場に安全・確実に組み付け、最終調整を行うための技術・知識・ノウハウを積み重ねる必要があります。技術の進歩に呼応した技術者への進化を加速させるため、メカトロマン研修の取り組みは、新明工業にとって欠かせない重要なピースでした。

トヨタ自動車とのパートナーシップを深化させる

トヨタ自動車とのパートナーシップを深化させる

また、トヨタ自動車とのパートナーシップをさらに深化させることも、メカトロマン研修の重要な側面です。トヨタ自動車がどのような思想で生産設備を捉え、一つひとつの仕様に対しどのような点を重要視するのか。トヨタ標準の徹底理解を進めます。トヨタ自動車が生産設備をチェックする際には、何百という項目が定められています。それらの項目が求めているもの、その背景にある考え方を細部まで理解することで、自動車の進化に呼応したパーフェクトな設備を手がけられるはずです。トヨタ自動車と新明工業が目指す理想の生産設備を一致させる。そうすることで、次世代に求められる技術を完璧に理解した技術者を育成していきたいのです。

メカトロマン研修によって起きた社内の化学変化

メカトロマン研修によって起きた社内の化学変化

メカトロマン研修の導入後、一番嬉しかったのは技術者の意識の変化です。当初のスタートは4名体制。各部署からそれぞれ異なるキャリア・専門技術領域を持つ技術者が集まり、小規模で走り始めました。そうすると、受講者の4名に次々と変化が現れました。研修が進むにつれて、どうしても個々の理解度に差が出てきます。その中でお互いの得意分野を教えあったり、苦手分野は自ら手を上げて講師・受講生の区別なく学び取る姿勢を見せてくれました。何よりも、新たな学びが進むにつれ、全員の眼が輝き出したことが手に取るように分かりました。そうした彼らの姿を見たのでしょう、次の研修には自分も参加したい、自分の部署の人間をぜひ参加させたいと、社内のさまざまな部署から参加希望者が殺到したのです。ゆくゆくは、研修の修了生たちが講師役となり、学んだ技術をさらに次世代に伝承していく、そんな未来が見えてきました。全体の技術レベル向上はもちろんですが、技術者として最も大事な向学心を芽生えさせることができたこと。それが、最大の効果ではないかと思っています。

メカトロマン研修|主なプログラム(抜粋)

安全 感電の原理と人体への影響から制御盤内の感電防止対策まで
保全 設備保全の目的、生産ラインの品質管理
トヨタ標準 トヨタ標準TMSの理解
電気理論 直流回路から電流の働きなど磁気誘導作用に至る電気理論を学ぶ
エレクトロニクス トランジスタ、ダイオードなど半導体部品の働きを測定し、理解
有接点回路 設備の基本であるシーケンス制御の学習など
PLC 概要及び命令語を理解、プログラミング方法の修得など
モータ 設備に搭載される多様なモータの種類と用途を学ぶ
計測機器 測定原理の基本的な概要とサーボループゲインの調整作業など
センサ 設備造りに活用されるセンサの種類や働きを理解していく
ロボット ロボットの概要から安全作業まで理解し、ティーチ作業訓練で修得していく
制御盤組立 座学
職場実践作業 座学研修を活かし、研修内容を職場の設備造りで実践する(テーマは職場上司と決定)