メディアに取り上げられたシンメイ

メディアに取り上げられたシンメイ

時代に合わせた成長戦略

トヨタ自動車の先端開発と歩みを合わせ、技術発展を遂げてきた新明工業。保有技術は、自動車業界の先端を走っています。EVやHVの生産設備開発のため、いち早く精密工場を導入。また、ガソリン車をEV車へ改造する「コンバージョンEV」を手がけ、豊田市と共同で中山間地域への普及に取り組むなど、時代に先駆けた技術を生かし挑戦を続けています。

HV部品生産設備に本腰

中部経済新聞

豊田ものづくりブランド 5社認定第1号

平成26年10月15日(水)中日新聞18面豊田版

中山間地向けに 新型EV開発へ

平成27年6月9日(火)中部経済新聞6面

活発な交流進める 新明工業 豊田工専と協定

平成28年10月22日(土)中部経済新聞

車生産設備 開発で連携 新明工業と豊田高専が協定

平成28年10月22日(土)中日新聞

得意領域を活かした社会貢献

2011年に起きた東日本大震災の際には、地場の企業と共同で行動を開始。被災地の中小企業の1日も早い復興のため、工作機械やフォークリフトなどの遊休機械を現地へ提供しました。

機械贈り被災企業支援 豊田商議所会員企業が26品目

平成26年5月30日(金)中日新聞 19面

3社が遊休機械提供 東北の震災被災企業に

平成26年5月30日(金)毎日新聞 19面

被災地企業に遊休機械寄付 フォークリフトなど26品

平成26年5月30日(金)中部経済新聞 6面

注目を集める現場の“人”

新明工業を支えているのは、何よりも現場の技術者です。トヨタ博物館展示のクラシックカーのほとんどを手がけ、自動車整備の技術には定評があります。例えば、約100年前の自動車を走らせることも可能です。今はどこにもない部品であっても一つひとつ製作し、現代に蘇らせる技術があります。

名車修復 円熟の輝き 手仕事の魅力、次代に

平成26年8月30日(土)日本経済新聞 夕刊19面

「あいちの名工」100人を表彰

平成26年11月8日(土)中部経済新聞2面

96歳アメ車走った トヨタ博物館修復 あす公開

平成26年4月18日 読売新聞

本質見てとことん改造 要望を具現化した車両造る

平成25年4月29日(月)中部経済新聞8面