旧車のレストア

クラシックカーを完全再生し自動車文化の発展に貢献。

シンメイの培ってきた技術力やノウハウで、往年の名車(クラシックカー)、古い大衆車(ヒストリックカー)の再生を行っています。シンメイ独自の技術で再生したオールドカーは、トヨタ博物館などにて展示公開され、テレビドラマにも使用されるなど、日本の自動車文化を舞台裏から支えています。

旧車のレストア

トヨタ博物館展示車の修復

ガソリン自動車が誕生した19世紀末から20世紀の自動車の歴史を実用車を中心に、約120台の車両により、体系的に展示しているトヨタ博物館。その車両の多くは今も自走できる状態に保たれています。シンメイはトヨタ博物館のほぼ全てのクラシックカーのレストアを手がけてきました。

オールドカーのフルレストア

オールドカーのフルレストア

往年の名車のみならず、なにもしなければやがて消え去ってしまうであろう、永年我々の生活を支え、そして愛着あるクルマをレストアして大切に残します。また、自動車メーカーでも在庫のない旧車用のパーツは、クラシックカー・ヒストリックカーを維持していく上で非常に重要です。シンメイでは、車両レストアからの経験・ノウハウをいかし、パーツ単位でのレストアも行っています。

1修復前

修復前

※拡大後、複数の写真がスライドで閲覧できます。

原型の判別が難しい状況でも、僅かな資料や積み重ねてきたノウハウにより車両の完全再生に挑みます。

2修復作業

修復作業

※拡大後、複数の写真がスライドで閲覧できます。

すべてのパーツを取り外し、部品単位で再生。独自技術によってクラシックパーツを現代に蘇らせます。

3再生完了

再生完了

※拡大後、複数の写真がスライドで閲覧できます。

形状や塗装といった外観はもちろん、内部の機構までフルレストア。実際に走行可能な状態まで蘇らせることが可能です。

レストア実績