MOLD MAKING

金型製作

生産工程の最適化を実現する高精度金型を提案。

自動車用部品のプレス金型の設計・製作・品質保証まで、一貫して行っています。お客様の製品図面データに基づいてCADモデルを製作し、コンピューター上でCAE(成形性シミュレーション)評価を実施しています。3DCADによる金型の設計後、設計データはCAMに転送され加工用データに変換。その後、高速精度加工機に加工用データを送り込み、金型を高精度に加工します。加工後の金型は測定機により精度保証されます。

金型製作

最新システム活用により短納期を実現

金型製作の流れ
1お客様から製品データ受け取り
2製品データを基に製品工程検討、製品成形性の検討(製品形状提案、最適歩留り提案)
3検討結果を基に3DCADによる型構造設計
4シミュレーションによる製品の成形性、製品精度の最終確認
5大型加工機による高精度加工(精度検証の為、非接触測定器による加工精度保証)
6各部品の組付けと熟練作業者による金型の微調整
7社内認定検査員による型機能チェックと非接触測定器による製品精度保証

新素材への取り組み

車両軽量化による新素材の採用が進む中、ホットスタンプ金型やウルトラハイテン金型の設計製作に携わり、技術を蓄積しています。またアルミ材についてもテストを繰り返し実験結果を基にシミュレーションの最適化を図っています。

納入実績

  • トヨタ自動車株式会社元町工場、
  • トヨタ自動車株式会社高岡工場、
  • トヨタ自動車株式会社堤工場、
  • トヨタ自動車株式会社田原工場、
  • 株式会社豊田自動織機、
  • トヨタ車体株式会社、
  • トヨタ自動車東日本株式会社、
  • トヨタ自動車九州株式会社、
  • 株式会社三五、
  • 豊臣機工株式会社

シンメイの金型製作設備

加工機

加工機

自動車のルーフパネルやルーフサイドRL部品の金型製作に対応する大型加工機を多数導入しています。

主要設備一覧

機種 メーカー名 テーブルサイズ 台数
RB-2NS 新日本工機 1200×2500 1
RB-3N 新日本工機 1500×3000 1
RB-4NS 新日本工機 2000×4000 1
RB-4VSM 新日本工機 2000×3000 1
DC-4ASM 新日本工機 2000×3000 1
DC- 4ASM(5軸加工機) 新日本工機 2000×3000 1
DC-5ANM(5軸加工機) 新日本工機 2500×5000 1
MAF-S130(横) MITSUBISHI 1500×1500×5000 1
CMN-5B(横) KURAKI 1000×600 1
M-H80C(横) MITSUBISHI 1100×800 1
KBT-10DX KURAKI 1500×700 1
MV-45B MORI SEIKI 700×400 1

トライプレス機

トライプレス機

350T〜1000Tまでの大型トライプレス機にて仕上がった金型のトライ、パネル出しを行い、製品精度を保証します。

主要設備一覧

機種 メーカー名 ボルスターサイズ 台数
1000Tプレス KOMATSU 2000×3400 1
600Tプレス KOMATSU 2000×3400 1
400Tプレス IHI 1700×2600 1
350Tプレス AIDA 1500×2500 1

CAD/CAM/CAE/CAT

CAD/CAM/CAE/CAT

最先端のシステムにて設計・製作プロセスを構築。データを活用したデジタルなモノづくりで短納期・高品質を実現。

主要設備一覧

設備名 ライセンス 設備名 ライセンス
CAE(JSTAMP-WORKS) 4 CATIA(曲面CAM用) 3
CAE(AUTO-FORM) 2 CADmeister(ダイフェース用) 4
CAT(3D−Magic2000S) 1 CADmeister(モデリング用) 3
CAT(Inspector) 3 CATIA V5/Dynavista(型設計) 16
CAT(Modeller) 1 CATIA(構造CAM用) 2

測定機器

測定機器

工程間での品質チェックを徹底し、高精度を実現する品質保証体制を確立しています。

主要設備一覧

機種 メーカー名 台数
Leica Laser Tracker & T-Scan Leica 1
Vectron 1